So-net無料ブログ作成
検索選択

東条城@愛知県西尾市 [お城踏査]

東条城は愛知県西尾市吉良町駁馬にあった中世城郭です。
合併して西尾市になりましたが、一昨年までは吉良町でした。

nagoya 040.jpg

現在は中世城郭風に物見櫓と門が建てられています。
一遍上人絵伝巻を参考にして建てられたそうです。

nagoya 039.jpg

説明板です。

承久の乱の戦功により、三河国守護に任じられた足利義氏は吉良荘を管理するために、西条城(のちの西尾城)を築き長男の長氏に与え、東条城を築いて三男の義継に与えたと言われています。
西条城にいた吉良氏を西条吉良氏、東条城にいたのが東条吉良氏と言われています。
東条城は鎌倉時代から続く古いお城とされています。

しかし、最近の研究では義継が東条城にいたことは疑問視されています。
義継の系統は、のちに三河を離れて奥州に行き、戦国時代には世田谷城にいて世田谷吉良氏と言われていました。

応仁の乱以降に西条城から別れた東条吉良氏が入ったと言うのが最近の説ですが、実際には良く分からないことが多い東条吉良氏です。

戦国時代には最後の当主吉良義昭は桶狭間合戦後の永禄3年に徳川家康と戦い、東条城は落城します。
義昭は助命されて近くに蟄居していたようですが、永禄6年の三河一向一揆の時には再び東条城に籠城して家康と戦います。
再度敗れた義昭は近江に六角氏を頼って落ち延びたとも言われています。

忠臣蔵で有名な吉良上野介義央は、この吉良氏の子孫に当たります。

落城後の東条城には東条松平氏が入ります。

nagoya 067.jpg

整備された柵です。

nagoya 055.jpg

櫓門です。
中には入れません。

nagoya 071.jpg

東条城の絵図です。
原図は川越市の光西寺にありました。

この絵図によると現在東条城といわれている部分の北側にも堀があって、さらに城域は広がっていたようです。とくに北の区画には東条の七寺といわれる寺院が密集していました。
少し前までは法応寺という廃寺があり、そこの墓地に東条松平氏の松平義春、家忠の墓がありました。

nagoya 081.jpg

最近、東条城に行ってビックリしました。
上の写真は法応寺の跡の現状です。
かつての法応寺の墓地がすっかり樹木が切り払われてしまい、見る影もありませんでした。
墓も近くの花岳寺に移されたそうです。
近いうちに開発されて山ごとなくなってしまうそうです。
貴重な遺跡だっただけに残念なことです。

nagoya 087.jpg

法応寺の跡からみた東条城跡です。

手前は既に削られています。

nagoya 047.jpg

東条城は標高約30mの小高い城山に築かれていました。
本丸跡は公園化されています。

nagoya 047.jpg

本丸跡です。
きれいな芝生広場になっています。

東条城は東条吉良氏の館城として、機能していたと思われます。
城の周囲は深田となり、要害地形でした。
しかし、縄張り的には複雑な虎口や高い土塁や深い堀はなかったようです。

nagoya 038.jpg

山の上には八幡神社が祀られています。
神社の後ろには土塁が一部残っています。
八幡神社は源氏の守り神で、同じく西条城(西尾城)の本丸にも祀られています。
東条城、西条城ともに八幡神社が城内にあることは城の成立を示すうえで示唆的です。

nagoya 066.jpg

内側からみた門と櫓です。
厳密な復元ではありませんが、景観的にはいい感じです。
釘を使わずに当時の工法で建てたそうです。


nice!(73)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 73

コメント 2

pandan

なくなるのは残念ですね。
by pandan (2012-05-04 06:06) 

evergreen

建造物があると、遺構イメージが分かりやすいので、
良い復元ですね。

東条松平は、松平分家が、今川や織田の配下に入っていくなか、
清康・広忠を支えてきた家系ですよね。
家康の覇業の中で、松平分家の役割は、
過小評価されてきた気がします。




by evergreen (2012-05-04 23:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。