So-net無料ブログ作成
検索選択

名古屋城新春お城まつり [お城踏査]

名古屋城に行ってきました。
新春お城まつりを開催中です。

nagoya 001.jpg

新春お城まつりの案内です。

nagoya 048.jpg

特にその中でも見たかったのが、本丸御殿表書院一の間に入れることです。
手前は上段之間です。
奥の人がいるところが一の間です。
普段は入れません。

nagoya 011.jpg

一の間から見ると上段之間もよくわかります。

nagoya 028.jpg

上段之間の違い棚です。

nagoya 030.jpg

違い棚の上の戸袋です。
豪華です。

nagoya 018.jpg

一の間の引戸金具です。
金ぴかです。
装飾も緻密です。
焼失しましたが、拓本や写真が残っていた為正確に復元できました。

nagoya 032.jpg

一の間の障壁画です。
襖と壁の絵が連なっています。

nagoya 016.jpg

一の間の襖絵です。

nagoya 022.jpg

同じく襖絵です。

写真でも分かるように室内はとても暗いです。
絵を保護するためですが、廊下の戸も閉められていて、室内には行灯みたいな光源だけなので、とても暗いです。
今の襖は重要文化財ではなく、模写品なので、もう少し明るくてもよいのでは感じました。

nagoya 031.jpg

上段之間の付書院です。
こんなアングルも一の間からしか見れません。

nagoya 072.jpg

廊下の障子です。
よく見ると紙が桟の間で継がれているのがわかります。
今は桟の上で継ぎますが、江戸時代はこういう貼り方だったそうです。

nagoya 063.jpg

正門には門松がありました。

nagoya 062.jpg

西の丸展示館です。
新聞報道によると老朽化したこの展示館を取り壊して、重文の障壁画などを常設展示する施設をここに建てるそうです。
かつてはここには米倉があったので、外観はそれを模して作るようです。
nice!(59)  コメント(3)  トラックバック(1) 

nice! 59

コメント 3

Algernon

名古屋城、行きたいのですが中々・・・
良い画像ありがとうございます!
暖かくなったら必ず!
by Algernon (2014-01-13 23:57) 

川崎工場長

普段、入れないところに入れる、
ましてやお城好きにはたまらない企画なんでしょうね。
ディテールも見事です。
by 川崎工場長 (2014-01-14 18:17) 

夏炉冬扇

今日は。
熊本城と同じくキンピカですね。
by 夏炉冬扇 (2014-01-15 12:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。