So-net無料ブログ作成

姫路城 その9 [お城踏査]

まだまだ続きます姫路城。

りの門を出ると上山里曲輪です。

nagoya 184.jpg

山里曲輪から見た天守です。

手前の石垣は備前丸の石垣です。

かつてはこの石垣の上にも櫓が建ち並んでいましたが、明治15年の失火で焼失してしまいました。

右下にコンクリートの柱で囲まれた枠がありますが、これがお菊井戸です。

播州皿屋敷の怪談の井戸です。

皿を数えるお菊の亡霊で有名です。

nagoya 183.jpg

上山里曲輪のちの櫓とりの一渡櫓です。

nagoya 185.jpg

上記に続くりの二渡櫓とぬの門です。

櫓は4つの櫓が連結していて、複雑な形をしています。

nagoya 187.jpg

りの一渡櫓のなかには姫路城天守の歴代の鯱が飾られています。

鯱は瓦なので消耗品であり、修理のたびに新しいものに取り替えられています。

明治の鯱と昭和の鯱です。

nagoya 186.jpg

ぬの門です。

門の上に二重の渡櫓が乗っています。

二重の渡櫓門で現存するのは姫路城だけです。

また、二重の渡櫓門は金沢城など限られた大城郭にしかありませんでした。

nagoya 189.jpg

ぬの門とりの一渡櫓の接続部です。

階段を登って櫓に入るようになっています。

内部は非公開です。

nagoya 188.jpg

ぬの門と天守のコラボです。

石垣は備前曲輪の石垣です。

nagoya 191.jpg

正面から見たぬの門です。

二重になっています。

上層階は出格子窓で正面を飾っています。

下層は鉄格子窓や石落しを備えています。

nagoya 193.jpg

少し引いて見たぬの門です。

門の前は石垣を曲げて枡形になっています。

石垣の陰となり、外からは見えにくい門となっています。

大きな門にもかかわらず、隠すような配置になっているのは、この門のルートが本来の大手筋ではないためです。

nagoya 194.jpg

下から見上げたちの櫓、りの二渡櫓です。

石落しが連続して作られています。

石垣もかなりの高さです。

nagoya 199.jpg

りの一渡櫓です。

コーナーにある石落しが効果的な位置にあることがよくわかります。

ぬの門からりの櫓までの一連の建物は地味ですが、姫路城の中でも好きなスポットです。

(続く)


nice!(132)  コメント(8)  トラックバック(0) 

nice! 132

コメント 8

johncomeback

播州皿屋敷、若い人は知らないでしょうね。
by johncomeback (2015-06-24 05:47) 

green_blue_sky

怪談は・・・怖い(^▽^;)
by green_blue_sky (2015-06-24 06:26) 

ニケ

18枚まで数えて、『明日は お休みをいただいてますので、明日の分まで…』という笑い話を思い出します。^^
by ニケ (2015-06-24 07:04) 

pandan

白さが目立ちますね〜
by pandan (2015-06-24 07:18) 

SORI

ねじまき鳥さん おはようございます。
きれいになった姫路城を早く見たいと思っていたところです。いい写真を見せてもらいました。
by SORI (2015-06-24 09:46) 

ryuyokaonhachioj

ありがとうございます。
姫路城は広いんですね。観て歩くのが
大変でしょうね。
by ryuyokaonhachioj (2015-06-24 10:04) 

夏炉冬扇

石、落とされたらたまりませんね。
by 夏炉冬扇 (2015-06-24 18:16) 

ぽん

え?播州?番町じゃないんですか?(@@)
わたしずっと番町皿屋敷だと思ってました!
姫路城が舞台だったんですね~
しらなかった~~
by ぽん (2015-06-24 21:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。