So-net無料ブログ作成
検索選択

岡崎城 [お城踏査]

岡崎城に久しぶりに行きました。

nagoya 071.jpg

二の丸から天守を見るとびっくり

天守が見えました。

木を切ったのです。

nagoya 077.jpg

北から見た天守です。

余分な木が無くなり、天守の形がよくわかります。

小田原城では、伸び過ぎた展望を妨げる木を切ろうとしたら、自然保護団体の猛抗議を受けてかなり計画を変更したことがありました。

もともと江戸時代には城内にはそれほど木は生えておらず、明治以降に植えた木が多いようです。

特に城跡に多い桜はほとんど明治以降に植えられたものです。

殿様は城で花見をしていたわけではないようです。

そして木は伸びるものなので、放っておけばどんどん伸びます。

そして木によってお城が隠れてしまうことも多いようです。

毎年適切に剪定しておれば、よいのですが、いい加減伸びてから切ろうとするので余慶に反発を買うようです。

木を切ることがすべて悪ではないでしょう。

nagoya 081.jpg

本丸の北の堀です。

堀もよく見えるようになりました。

nagoya 083.jpg

南から見た天守です。

2本の大きな松が邪魔です。

江戸時代にはこんな風に生えていなかったので、是非伐採して欲しいですね。

nagoya 084.jpg

天守の隣りには竜城神社が鎮座しています。

この神社も江戸時代にはありませんでした。

今は景観に馴染んでいますが、出来ることなら移転して欲しいですね。

nagoya 098.jpg

西から見た岡崎城天守です。

こちらからも木が伸びすぎて天守が隠れています。

今度はこちらの木の剪定もして欲しいですね。

nagoya 102.jpg

本丸の石垣です。

右側が虎口です。

nagoya 105.jpg

東からの天守です。

こちらからも見やすくなりました。


nice!(73)  コメント(3)  トラックバック(1) 

nice! 73

コメント 3

ryuyokaonhachioj

ありがとうございます。
今日も梅雨の雨で気温が低めですよ・
by ryuyokaonhachioj (2015-07-09 09:14) 

川崎工場長

自然も分かるけど伸びすぎた木は見苦しいですよね。
経費は掛かるんでしょうが、適正な剪定が必要です。
by 川崎工場長 (2015-07-09 16:59) 

斗夢

自然保護・・・大義名分・・・ 時々頭にくることがあります。
反対をしている人が地元の人でなかったりします。
お前が面倒を見ろと云いたくなることがあります。
by 斗夢 (2015-07-10 07:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。