So-net無料ブログ作成

一年の最後に一畑山薬師寺に参拝 [寺院]

岡崎市藤川町にある一畑山薬師寺に参拝に行ってきました。
小高い山の上にあります。
臨済宗妙心寺派のお寺です。

nara 133.jpg

本堂前には大きな門松がありました。
お正月前ということで境内は比較的空いていました。

nara 130.jpg

お参りするには文殊菩薩の知恵の輪くぐりをします。

nara 129.jpg

回り方が描かれています。

nara 124.jpg

境内にはお正月準備が万端です。
大熊手です。

nara 125.jpg

破魔矢です。

nara 127.jpg

絵馬もたくさんありました。
七難即滅
七福即生
と書かれています。

nara 128.jpg

受験シーズンのため合格祈願用の絵馬もあります。
命中したいですね。

nara 131.jpg

納骨堂です。



今年は今回が最後の更新になります。

当ブログをいつも訪問いただきありがとうございました。

来年もお城ネタを中心に書いていきたいと思います。

皆さん、よいお年をお迎えください。

犬山城城下町 [城下町]

犬山城の城下町です。

nagoya 238.jpg

古い町並みが残っています。
nagoya 239.jpg


町並みから天守が望めます。

nagoya 240.jpg

古い土蔵を利用した飲食店もあります。
なかなか風情があります。

nagoya 241.jpg

せっかくなので、立ち寄って見ました。
中にはなぜか相撲関係のものが・・。

nagoya 242.jpg

町屋の中で公開している家もありました。
磯部邸です。
当時は呉服商だったようです。
間口は狭く、奥行きが長い城下町特有の造りです。
間口が狭いのは、税金を間口の広さでとるためだったようです。

nagoya 246.jpg

立派な座敷がありました。
床の間、付書院付です。

nagoya 248.jpg

屋敷は奥が広いです。

nagoya 243.jpg

赤い壁がおしゃれです。

nagoya 251.jpg

また、近くの酒屋さんでは犬山城をかたどったお酒が売っていました。
4000円でした。

nagoya 219.jpg

白帝城文庫には犬山城の模型もありました。

nagoya 221.jpg

こういった模型を見ているといつまでも飽きませんね。

nagoya 225.jpg

今は天守だけですが、江戸時代にはたくさんの櫓が林立していて、さぞかし壮観だったのでしょうね。
想像できます。
実際、明治までは櫓も残っていたようですが、明治24年の濃尾地震でかなり倒壊して壊してしまったようなのです。
当時は文化財として残すという意識はあまりなく、そのまま壊してしまったのですが、今にして思えば、もったいなかったですね。

城主のおもてなし [歴史雑話]

犬山市の犬山城白帝文庫で「城主のおもてなし」を開催していました。

nagoya 237.jpg

犬山城主成瀬家は尾張藩の付家老として江戸時代を通じて藩政を担いました。
尾張藩主の多くは藩主在任中に付家老に対する配慮や領内視察の一環から犬山を訪れ、犬山城や入鹿池などを巡見し、犬山城の御殿では饗応の宴が催されました。

延享4年(1747)9月に徳川宗勝が犬山城でもてなされた饗応料理復元模型や歴代の資料から当時の御成の様子を紹介しています。

実際におもてなしに使った料理を再現しています。

nagoya 229.jpg

手前から
ご飯
御汁 色紙はんぺん、皮付ごぼう、葉付大根
御香の物 葦瓜、浅瓜、葦茄子、山椒
御煮物 焼ききす、いんげん、川のり、角麩、芋
御膾 赤貝、鯖、栗千切り、きんかん、ぼうふう

nagoya 231.jpg

手前から
石かれい、茄子、岩茸、敷味噌
御汁 すずしろ(大根葉)
猪口 梅枝
御煮物 ふき、くしこ(干しなまこ)
御刺身 熊笹、花れんこん、子付、細作り
鯉、平作り

nagoya 232.jpg



nagoya 233.jpg

手前から
御焼物 あいなめ付焼き
御吸物 かれい、芽うど
御河魚 うなぎ


なんという豪華な食事でしょう。
和食は現在とそれほど大きな差はないようです。

食材も早々たるものですが、器も立派です。
配列も美しい。

映画でも現在上映中の『武士の献立』(主演 上戸彩・高良健吾)みたいな世界だったのでしょうね。


 

松本城外堀復元事業が本格化へ [お城復元]

松本城外堀復元事業が動き始めました。

読売新聞の12月19日付けの記事によると、

松本市の市議会が18日、用地取得予算案などを可決。
市は「復元にとって大きな一歩。
今後も住民の理解を得ながら計画を進めていきたい」(城下町整備本部)としている。

 復元されるのは、松本城公園に接する「南・西外堀」で総面積は0・92ヘクタール。
大正時代から昭和初期にかけて埋め立てられ、今は住宅や店舗約80戸が立つ。
市は総事業費44億円をかけて2020年頃をめどに江戸時代の姿を再現する計画だ。

 0・72ヘクタール分については今年3月、国史跡の指定を受けており、工事については国の補助も受けられることになった。
今回は、このうちの0・11ヘクタール分が用地取得の対象となっている。

江戸時代以前の天守閣が現存する全国12の城の中で唯一平地に築かれた松本城は、松本駅から徒歩15分。
「気軽に歩いて行ける城」として人気があり、昨年度は70万人以上が訪れた。

 市松本城管理事務所の土屋彰司所長(59)は「城の構造や歴史を知る上で重要な場所。
幕末期の様子を復元できれば、さらに魅力が増し、観光客も増える」と事業に期待を寄せている。


0123.jpg

こちらが完成後の予想図です。

予算が可決したということは、0.11ヘクタール分は既に用地買収の目処が立っているということでしょうね。

西・南外堀が復元されると随分と城としての景観が変わるでしょう。
堀の復元は、大坂城、中津城、松代城などでも行なわれていますが、
現在人が住んでいる家を移転してまでの堀の復元事業は例がないので、かなり大変でしょうが、成果に期待したいものです。
100年後にはやって良かったと思える事業であってほしいですね。

ところで、松本城は二の丸の東北隅櫓の復元する計画があったようですが、凍結なのかな。

koufu 172.jpg

松本城の天守です。
国宝です。
黒壁が美しい城です。

犬山城 その4 [お城踏査]

犬山城の続きです。

nagoya 178.jpg

模擬櫓です。
小銃櫓の跡に建ちますが、外観も位置も違います。
中には入れません。

かつての戦後再建ブームの建てられたもので、もう少し史実に近いものを建て直して欲しいですね。

nagoya 212.jpg

本丸の七曲門です。

nagoya 213.jpg

本丸の石垣です。

nagoya 217.jpg

本丸の雁木です。
本丸の石垣はよく残っています。

(終わり)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。