So-net無料ブログ作成
検索選択

諸井陣屋@静岡県袋井市 [お城踏査]

諸井陣屋は静岡県袋井市諸井にあった近世の陣屋です。

あまり有名な陣屋ではありません。
というより殆んど無名の陣屋、知る人ぞ知る、知らない人は全く知らないというレベルの陣屋です。

nagoya 119.jpg

諸井陣屋の長屋門が現在も残っています。

陣屋の跡にそのまま子孫の方が現在も住んでおられます。

現在の屋敷地がそのまま当時の陣屋です。


諸井陣屋は大身の旗本菅谷氏の陣屋でした。
菅谷範平は元禄10年に磐田市の西島村や諸井村(袋井市)に4500石を領しました。
西島村に陣屋を置きました。

諸井村にも在郷の富田家を代官とした代官屋敷が設けられました。
この代官屋敷は富田家の邸宅の一部を利用するもので、このような在郷屋敷を利用した代官屋敷は主要な村々に作られました。
これが諸井陣屋です。

nagoya 118.jpg

長屋門の門扉です。

通常の陣屋の門より小ぶりです。

脇に潜り戸が付いています。

nagoya 123.jpg

裏から見た長屋門です。

屋根は寄棟造りです。
のちに改修したのでしょうか。

nagoya 125.jpg

門の中です。

なんと駕籠が置いてありました。
当時使っていたものなのでしょうか?
気になります。

nagoya 122.jpg

門の金具です。

門は小さいけど、陣屋の門らしく金具などはしっかりしています。

持ち主の人は維持が大変でしょうが、大切に保存して欲しいですね。

浅羽荘司館@静岡県袋井市 [お城踏査]

浅羽荘司館は静岡県袋井市柴にありました。

nagoya 114.jpg

円明寺の付近にあったと言われます。

しかし、お寺付近にはお城の遺構はみられません。
かつてはお寺の裏に土塁があったとも言われますが・・。

ここは荘司館と呼ばれるように歴史は古いです。

平安末期までさかのぼります。

『吾妻鏡』によると浅羽庄司宗信は、源頼朝に従って平家の討伐にしたがったとあります。

浅羽庄司の子孫は戦国時代までここの地の領主を勤め江戸の初めに帰農したといわれています。

nagoya 115.jpg

少し離れた場所に石碑が建てられています。

『浅羽風土記』によると東西100m、南北130mの規模だったそうです。
100メートル四方の国人領主の館の標準的な規模で、戦国期まで勢力を保っていたと思われます。

nagoya 116.jpg

説明です。

軽便鉄道駿遠線の芝駅のすぐ近くにこの説明板と石碑はあります。

付近は宅地化が進み、遺構が消滅してしまったことは残念です。


軽便鉄道駿遠線 [鉄道]

静岡軽便鉄道です。

nagoya 105.jpg

静岡県袋井市浅羽記念公園にあります。

軽便という名前そのもので、小さくてかわいいです。

nagoya 106.jpg

駿遠線というのは、藤枝市と袋井市を結んでいた鉄道で、全長64.6キロありました。

軽便鉄道としては日本最長規模だったそうです。

最長規模という言い方が微妙ですが・・・。

最大級みたいな・・。

駿遠線というのは、駿河(藤枝)と遠江(袋井)を結んでいたためです。

nagoya 107.jpg

この軽便鉄道は、レプリカです。

中遠鉄道2号機関車をモデルとしました。

野外展示にしてはきれいだなぁと思いました。

駅も再現されています。


nagoya 108.jpg

運転席です。





海蔵寺 [寺院]

袋井市堀越に海蔵寺があります。
今川了俊(貞世)の墓があることでも有名です。

nagoya 100.jpg

山門です。
かつては大きな寺院だったようですが、今は少し淋しく見えます。

nagoya 101.jpg

本堂です。

海蔵寺は、応永10年に今川仲秋が建立しました。
曹洞宗の寺院です。
父の貞世を開基とした中遠地方の大寺でした。
末寺12か寺を持っています。

今は特に参拝者もなく、普通の寺院です。


nagoya 103.jpg

今川了俊の墓(供養塔)です。

寛延2年(1749)に了俊の330回忌に立てられたものです。

nagoya 102.jpg

説明です。

海蔵寺は堀越城の跡に建てられたともいわれます。

堀越城は遠江今川氏の居城でした。
付近には城山という地名も残っています。

海蔵寺とその裏山一帯が城といわれますが、特に遺構はなく明確ではありません。

nagoya 104.jpg

また、一説には城は海蔵寺の西で土塁の一部が残っているとも言われます。

付近を捜しましたが、宅地化が進みよく分かりませんでした。

写真のものがそれらしい気もしますが、どうもよくわかりません。


加賀爪甲斐守屋敷門 [移築建物]

静岡県袋井市の加賀爪甲斐守屋敷門が静岡県磐田市の近くの民家に移築されて残っています。

nagoya 091.jpg

大きなお屋敷です。

近くまで行くとあの家だなと直感しましたが、やはりそうでした。

長屋門です。

nagoya 092.jpg

門の前にはしっかりと説明があります。

加賀爪甲斐守の屋敷ではなくて、断絶した後に旗本として残った弟の門を移築したようです。

nagoya 093.jpg

門のアップです。

近くで見ると風格があります。

nagoya 094.jpg

門の柱です。

太くて陣屋の門らしいです。

潜り戸がついています。

nagoya 095.jpg

門の内部です。

門扉もしっかりしています。

3枚板です。

今も個人の方のお住まいです。

末長く残して欲しいですね。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。